鉄道模型の種類分け

鉄道員鉄道模型を楽しんでいる方はたくさんいます。鉄道模型はとても奥深い世界であり、さまざまな種類が存在しています。種類分けの方法としては規格というものがあります。鉄道模型について理解したいならば、この企画についてきちんと知っていることが大切です。

鉄道模型というのは現実に存在している鉄道を縮尺したものです。そのため、どのくらいのスケールで縮尺しているのかが問題となります。そして、鉄道の場合は基本的に線路幅というものが基準となっています。線路幅によって鉄道の大きさは規定されるからです。鉄道模型はこの線路幅の違いによって種類分けされているのです。たとえば、GゲージやHOゲージ、Nゲージといったものがあるのです。Gゲージは線路幅が45mmであり、HOゲージは16.5mm、Nゲージは9mmとなっています。そして、Oゲージは線路幅が32mmです。また、一部には日本の規格に合わせてメーカーが独自に提唱しているような規格もあります。

また、鉄道模型の種類としては販売形態の違いもあります。完成品として出されているものやトータルキットといってすべてのパーツが入っていてそれを組み立てるものコンバージョンキットというものもあります。このようにとても種類が豊富です。

こちらではそんな鉄道模型のうちOゲージについて解説しましょう。Oゲージとは一体どのような鉄道模型なのかを紹介します。鉄道模型に興味のある方にとってはきっと参考になるでしょう。鉄道模型に詳しくなりましょう。