Oゲージとは

様々な鉄道鉄道模型の種類の一つとしてOゲージというものがあります。こちらは線路幅が32mmのものです。縮尺としては1/43から1/48となっています。ただし、国やメーカーなどによって縮尺は異なっています。日本においては1/45で扱われています。アメリカでは1/48が主流となっており、イギリスでは1/43.5が使われています。

こちらのOゲージは1900年頃にドイツで導入されました。アメリカでは1930年代から60年代にかけて流行しました。ヨーロッパにおいては戦前は主流だったのですが、戦後になってからはHOゲージの方が流行りました。日本では昭和20年代から30年代にかけてがOゲージの主流となりました。ただし、戦後になるとHOゲージが登場して、こちらの方が人気を集めました。

また、日本にはOJゲージというものがあります。こちらは日本の機関車に合わせた独自の企画となっています。Oゲージの中でも一大勢力となっているのです。

Oゲージというのは比較的大きな鉄道模型といえるでしょう。そのためスペースが必要となり、費用負担も大きくなります。そのため、趣味人口としては限られているのですが、今でも根強い人気を誇っているのです。実際にOゲージの鉄道模型を趣味としている方は世界中にいます。